ここから本文です

企業に欠かせない福利厚生

ZUU online 10/7(金) 6:10配信

企業活動の目的は、利益を得ることですが、やみくもに事業を展開していると、ついおろそかになるのが、社内環境など社員が働くことに関する問題です。

■福利厚生の充実は企業にどのようなプラスをもたらすのか

費用に対する効果が見えづらい福利厚生ですが、充実させることで大きな利益をもたらすことができます。福利厚生は社員のための環境づくりに直結するため、社員満足度を向上させることが、将来的に事業拡大へとつなげることもできるのです。

福利厚生に注力することで、会社にもたらされるものは主に2つ挙げられます。

● 人材不足の解消
福利厚生が充実している企業は、就職活動を行っている人から見れば「待遇の良い企業」として、魅力的にうつります。制度が整っている状態で求人応募を実施すれば、応募数の増加が期待できます。

● 節税効果
社員のために費やした出費は「福利厚生費」として経費に計上することができます。これは会社だけでなく、社員にとってもメリットになります。給与で受け取って課税されるよりも、税金を減らすことができるからです。福利厚生費の対象となるのは、慶弔見舞金や通勤手当、食事手当や忘年会及び新年会費など、非常に幅広いです。給与で支払う費用を福利厚生で代替すると、社員のモチベーションを保ちながら、コストを削減する事につながるでしょう。

■女性社員への福利厚生について

ライフプランをはじめ、結婚、子育てなど働く女性の悩みはさまざまです。女性社員に対しては、特に充実した福利厚生プランを用意すると、人材の流出を防ぐことができるでしょう。

たとえば、妊娠や出産、育児への備えとして、「産前・産後休暇」や「育児休暇」を用意しておくと、女性の定着率が上がります。前者は出産予定の6~8週間前及び産後8週間、後者は子供が1歳か1歳6ヵ月になるまで取得可能というのが一般的です。

休暇制度に加え、女性ライフプランの専門家と提携し、職場復帰に際してカウンセリングを無料、あるいは安価で受けられるようにしておくと良いでしょう。結婚や子育てなどでキャリアを諦めざるを得なかった、優秀な女性社員をつなぎ留めるには効果的です。

■多くの企業が取り入れている、人気が高い福利厚生制度

多数の企業において実施されており、なおかつ社員からの需要が高い福利厚生を紹介します。

● 住宅手当
「賃貸物件の一部家賃を負担する場合」と「住宅ローンのサポートを行う場合」の2つの内いずれか、あるいは両方を導入するのが一般的です。基本的な相場としては、大体1~2万円前後を支給している企業が多いようです。会社によっては転居時の費用を負担するケースもありますが、その場合は「会社まで〇キロメートル以内」など、居住範囲に条件を設けることがあります。

● 食事手当
外食などに使う費用を会社が補助する制度です。その形態はさまざまで、一定の金額を支給する場合もあれば、社員食堂のメニューを無料で利用できるといった形式もあります。外出する社員が多いのであれば、食堂よりも一定額の支給の方が喜ばれるでしょう。

● 特別休暇制度(バースデー・リフレッシュ休暇など)
条件に当てはまる社員を対象に、「週休」や「有給休暇」とは異なる休暇を設ける制度です。社員の誕生日に休みを取れる「バースデー休暇」や、心身の回復を目的とした「リフレッシュ休暇」など、その形態は多岐に渡ります。

■企業で実際に行われている個性的な福利厚生の事例

企業の風土や環境によって、ユニークなプランが導入されているのでいくつか紹介しましょう。

「お名前.com」などIT事業を手掛けるGMOインターネットでは、社員食堂が24時間いつでも無料で使うことができます。

アパレル大手ユナイテッドアローズは社内に大学を設立。その名称は束矢大學(たばやだいがく)。若手社員の早期的な教育を目的としており、ロールプレイも取り入れた実践的な研修を行っているそうです。

海外の例になりますが、FacebookやGoogleはリフレッシュのためとして、社内にスポーツジムやゲームセンター、更には理髪室などを設けています。

これら一風変わった福利厚生プランは、将来的な利益を見据えて設けられたものです。充実した福利厚生プランは、社員のモチベーションをあげ、会社を発展させるので、自社にあった制度を導入しましょう。(提供:フクリ!)

最終更新:10/7(金) 6:10

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。