ここから本文です

北朝鮮が演出する“庶民の日常生活”の裏側を隠し撮り…衝撃のドキュメンタリー1月日本公開

シネマトゥデイ 10/7(金) 5:06配信

 北朝鮮政府が演出する“庶民の日常生活”の裏側を隠し撮りした衝撃のドキュメンタリー映画『Under the Sun』の邦題が『太陽の下で -真実の北朝鮮-』に決まり、2017年1月21日より日本公開されることがわかった。個人の自由が認められない北朝鮮における“庶民の日常生活”とは一体どのようなものなのか? この疑問の答えを誰もが見える形で描きたいと考えていた、モスクワ・ドキュメンタリー映画祭の会長も務めるヴィタリー・マンスキー監督が手掛けた作品で、その内容からロシア政府は(北朝鮮からの要請で)マンスキー監督への非難声明と映画の上映禁止を発表している。

 北朝鮮政府から2年かけて撮影許可を得て、マンスキー監督が1年かけて追うことになったのは平壌のある一般家庭。8才のジンミは金日成の生誕記念「太陽節」で披露する舞踊の練習に余念がなく、エリートの娘を持った両親は仕事仲間から祝福されるなど理想を体現したかのような家族だが、実際はドキュメンタリーの撮影とは名ばかり。“北朝鮮側の監督”のOKが出るまで一家は繰り返し演技をさせられ、高級な住まいも、親の職業も、クラスメイトとの会話も、すべて北朝鮮が理想の家族のイメージを作り上げるために仕組んだシナリオだった。

 そこで撮影の目的を“真実を暴く”ことに切り替えたマンスキー監督は、録画スイッチを入れたままのカメラを放置して隠し撮りを敢行。撮影したフィルムは検閲を受けることを強いられたが、その前に外部に持ち出すという危険を冒して作品を完成させ、政府の強力な圧力と非難を押しのけて韓国、アメリカ、ドイツ、イタリアなどで上映を実現させ、北朝鮮が作り上げた虚構とその異様な体制を白日の下にさらした。そんな問題作がついに日本で公開となる。(編集部・市川遥)

映画『太陽の下で -真実の北朝鮮-』は2017年1月21日よりシネマート新宿ほか全国公開

最終更新:10/7(金) 5:06

シネマトゥデイ