ここから本文です

閃乱カグラ最新作『PBS』はシリーズ本編の一つ! スピンオフは『デカ盛り』のみ

インサイド 10/7(金) 12:15配信

『閃乱カグラ』シリーズをはじめ、多彩なタイトルを手がけている高木謙一郎プロデューサーが、さきほど発表されたPS4ソフト『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』にも関連する情報を、自身のTwitterにて綴りました。

【関連画像】

記念すべきシリーズ1作目が3DSに登場し、後にPS VitaやPS4、またPCへの展開も開始している『閃乱カグラ』シリーズ。ゲームタイトルだけでも数多くリリースされており、次々と拡がりを見せる本シリーズですが、この新作発表に合わせて高木氏が、各タイトルの位置づけを明らかとしました。


シリーズ最初期の3DS『閃乱カグラ』の“真影”および“紅蓮”を起点とし、本編のストーリーは3DS『閃乱カグラ2 -真紅-』とPS Vita/PC『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』に分岐。『閃乱カグラ2 -真紅-』側のストーリーラインはこちらの作品で完結とし、『閃乱カグラ SV』側のストーリーラインは、PS4/PS Vita『閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-』へと続き、さらに最新作となる『閃乱カグラ PBS』に繋がるとのことです。

また、コンシューマー版『閃乱カグラ』シリーズにおいて、外伝もしくはスピンオフ的な位置づけにあるのは、『デカ盛り 閃乱カグラ』1作のみとのコメントも。これらの発言を踏まえると、最新作『閃乱カグラ PBS』は本編に位置づけられるものと見て間違いないでしょう。

武器を水鉄砲に持ち替えた『閃乱カグラ PBS』は、これまでの戦いとはひと味違うテイストを醸し出しているようにも見えますが、紛れもない本編のひとつ。どのような物語が描かれるのか、続報が待ち遠しいばかりです。

新作発表タイミングなのでタイトルの位置付けを説明します。3DS「閃乱カグラ真影/紅蓮」の終わりから(1)3DS「閃乱カグラ2」と(2)Vita/PC「SV」に本編ストーリーは分岐させました。ストーリーライン(1)は「カグラ2」で完結、(2)はカグラEVに続き、最新作のPBSへ深く続きます。— 高木 謙一郎 c閃乱カグラ5周年 (@kenichiro_taka) 2016年10月6日

また間違った情報が勝手に伝わってるので言っておきますが、これまでCS版閃乱カグラシリーズで外伝やスピンオフと考えているのは「デカ盛り 閃乱カグラ」1作のみです。https://t.co/qqiV9TU3sR #閃乱カグラ— 高木 謙一郎 c閃乱カグラ5周年 (@kenichiro_taka) 2016年10月6日

『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』は、2017年3月16日発売。価格は、通常版が6,980円(税抜)、「にゅうにゅうDXパック」が9,980円(税抜)、「超限定にゅうにゅう5周年パック」が24,800円(税抜)です。

(C)2016 Marvelous Inc.

最終更新:10/7(金) 12:15

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]