ここから本文です

初回ゲストはイエモン!日本テレビ×Huluによる新音楽番組「TOKYO BEAT FLICK」配信開始

M-ON!Press(エムオンプレス) 10/7(金) 5:07配信

日本テレビと、オンライン動画配信サービス「Hulu」による共同プロジェクトが始動。動画配信に特化した音楽番組「TOKYO BEAT FLICK」が、本日10月7日よりHuluにて配信される。

【詳細】「帰ってきたザ・イエロー・モンキー 『砂の塔』スペシャルティザー映像第三弾」はこちら

「TOKYO BEAT FLICK」は、音楽界を牽引するトップアーティストたちのスペシャルライブを届ける骨太ライブ番組。番組オリジナルのセットリストが組まれ、MCもノーカットでオンエアされる。

第1回目のゲストには、今年15年ぶりに再集結したTHE YELLOW MONKEYが登場。バンドを代表するヒットナンバー「BURN」、ロックファン熱狂の「Chelsea Girl」など全5曲のライブの模様に加え、インタビュー映像も収録。番組は、5週にわたって毎週金曜日にデリバリーされる。

また、ライブ時のメンバー一人ひとりにフォーカスした個人映像も用意。個人映像は、通常の横画面だけでなく、スマートフォンやタブレットでの視聴に最適な「縦画面バージョン」も配信される。

なお、THE YELLOW MONKEYは、10月19日に再集結後初となるニューシングル「砂の塔」、ライブ映像作品「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-」をリリースする。

(C)NTV

THE YELLOW MONKEY からのコメント
イエローモンキーのファンは年齢層の幅が広いです。Huluを使っているユーザーは20代~30代と聞いていて、この層は15年前にはライブを見ていなかった方も多い。この層の方で、再集結後ライブに足を運んでくれている人が多数います。今回のあらたな試みも彼らは受け入れやすいと思います。
個人バージョンの映像がありますが、一人ひとりを掘り下げてもらえるのは面白いです。歌番組でひとりを追い続けることはまずないので、テレビでは見られないマニアックなロックを体験してもらえると嬉しいです。

「TOKYO BEAT FLICK」プロデューサー 前田直敬からのコメント
生活のなかで、テレビ以外の手段で映像エンタテインメントを楽しむ人が増えています。
今回の番組は、通常の音楽番組では物足りない。そんなコアファンを意識して作りました。司会者なし、ゲストなし。1アーティストのライブ1本勝負!
曲間のMCもノーカットで味わえます。
さらにメンバー一人ひとりにフォーカスした個人ライブ映像をHulu初の縦画面対応でもご用意しました。
地上波の音楽番組ではまず観られない映像を通勤通学…さまざまなシーンでぜひスマホ・タブレットでお楽しみください。
日テレとHuluが仕掛ける新音楽コンテンツ、TOKYO BEAT FLICKの今後にご期待ください。

番組情報
TOKYO BEAT FLICK
10/07(金)♯1 THE YELLOW MONKEY ライブ・プロローグ
10/14(金)♯2 ライブ本編映像(5曲フルサイズ)
10/21(金)♯3 菊地英昭(g) / 廣瀬洋一(b)インタビュー&ライブ個人映像
10/28(金)♯4 吉井和哉(vo) / 菊地英二(ds)インタビュー&ライブ個人映像
11/04(金)♯5 メンバー4人インタビュー

THE YELLOW MONKEY OFFICIAL WEBSITE
http://theyellowmonkeysuper.jp/

最終更新:10/7(金) 5:07

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]