ここから本文です

刑務所の木工品が…かわいくない! 「女子大×刑務所」 京都女子大が異例のコラボを決断

withnews 10/9(日) 7:00配信

 「女子大×刑務所」。異例の組み合わせの包括連携が結ばれました。刑務所内で作られる木工作品を見た大学教員が、その「かわいくなさ」に絶句。女子大生が木製おもちゃのデザインを提供することに。学生にとっても受刑者にとっても、実社会と接点を持つ貴重な機会になりそうです。

【画像】東女と本女はどう違う? 全国40大学を「擬人化」してみた

学長もびっくり「えっ、そういうのもあるの?」

 5日に協定書を交わしたのは、京都女子大(東山区)と京都刑務所(山科区)。同刑務所によると、国内の刑務所が大学とこうした協定を結ぶのは聞いたことがない、といいます。

 「刑務所と女子大という意外な組み合わせで、最初話を聞いた時には、『えっ、そういうのもあるの?』という感じで驚いた」

 そう語るのは、他でもない京女大の林忠行学長。運営母体の学園は120年近い伝統を持つ、京都屈指の女子大です。2015年10月、地域連携研究センターを開設し、社会との接点作りに力を入れてきました。

 そんな林学長もびっくりのこの組み合わせ。「刑務所は社会の重要な部分を代表している側面もあり、学ぶことは少なくない」との狙いがあるといいます。

東山を隔てた「ご近所」同士

 京女大は11年には日本の女子大学で初めて法学部を設置するなど、司法への関心が高いことでも知られています。しかし通常、大学が連携協定を結ぶ対象と言えば、自治体や企業、さらには大学同士などが多いもの。なぜ「お相手」が刑務所になったのでしょうか?

 「仲人役」になったのは、京女大の地域連携研究センター長を務める竹安栄子さん。地域社会学が専門です。大学と刑務所は東山を隔てた「ご近所」ですが、これまでほとんど「ご縁」はありませんでした。

 それが急接近を見せたのは3月。京都府内の保護司を選考する委員でもある竹安さんが、同じく委員を務める京都刑務所の山本孝志所長と会合で同席した際、刑務所の実態について話を聞いたことがきっかけでした。「受刑者のために何かできることはないか」。そう考え、翌4月に刑務所を見学に行きました。

1/3ページ

最終更新:10/9(日) 7:00

withnews