ここから本文です

苦悩して進化するダルビッシュが挑む背水のプレーオフ登板

THE PAGE 10/7(金) 12:00配信

 地区シリーズの初戦を落としたレンジャースは、7日(日本時間8日)、負けると後がなくなる背水の第2戦にダルビッシュ有(30)を先発マウンドに送り出す。ダルビッシュの直前2試合の登板は、13イニングを投げて、5安打、1失点、21三振、2四球とほぼ完璧な内容で、プレーオフに向けて、「全く心配がない。いい成績が残せるんじゃないか」と胸を張ったが、ここに至る過程は、決して平坦ではなかった。

 話は、9月14日まで遡る。

 ヒューストンのミニッツメイド・パークのビジタークラブハウスで、前回、THE PAGEに書いたリリースポイントの記事について雑談していると、最後にボソッと言った。

「今日のブルペン、すごく良かった」

 本来はその日が登板日。プレーオフローテーションにするため、前日の試合後に先発が17日に変更となり、代わりに入ったブルペンセッションを、数日後、改めてこう表現している。

 「人生で一番」

 ところが、3日後のアスレチックス戦では、初回に先頭打者本塁打を許すなど、5回を投げて、7安打、7失点(キャリアワーストタイ)で負け投手に。8三振を奪うも、3連続を含む4四球と乱れた。

 このとき、制球力が課題、などという指摘があったが、そんな表面的な話ではない。ダルビッシュはアスレチックス戦の試合後、こう話している。

「前回のブルペンが良すぎたって言いましたけど、そのブルペンは、これまで自分が投げている感じとはかなり違う感じで、そういう感じであまり投げたことがないから、大丈夫かなっていうのがあった」

 不安は的中する。17日の試合前、ブルペンに入ると案の定、「良くなかった」。急遽試合では、9日の6回2/3を投げて、3安打、1失点だったエンゼルス戦のフォームに戻したものの、思うように体が反応しなかった。

「前回のブルペンが違う感覚、今までのやつと違う感覚過ぎて、なんかちょっと、前回のブルペンで頭をそういう方向に使いすぎたから、その前のエンゼルス戦とは全然違うわけじゃないですか。そこが頭の中で凄い、混乱してたのかなっていう」

 混乱をほぐす作業は翌18日から始まったが、まずは、ヒューストンのブルペンで掴んだ感触を、「あまり試合中には向いてない。だからもうやらない」と捨て、単純に「元に戻す」とことを意識した。
   

1/2ページ

最終更新:10/7(金) 12:00

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。