ここから本文です

松居慶子、米ビルボード・コンテンポラリージャズ・チャート初登場1位獲得の新作を日本で発売 公演も決定

CDジャーナル 10/7(金) 17:35配信

 世界で活躍するコンテンポラリー・ジャズ・ピアニストの松居慶子が、10月26日(水)にニュー・アルバム『Journey To The Heart』(AVCD-93498 3,200円 + 税)をリリース。このアルバムを携えて、11月11日(金)と12日(土)の2日間、東京・丸の内 COTTON CLUBにて公演を行ないます。座席の予約は10月8日(土)より受付開始。

 全米デビュー30周年を迎える2016年、松居は新たに“アコースティック・プロジェクト”を始動。このプロジェクトで日本に先立ちアメリカで8月にリリースた約2年ぶりオリジナル・アルバム『Journey To The Heart』が、全米ビルボード・コンテンポラリージャズ・チャートにて初登場1位を獲得。2001年にリリースした『Deep Blue』以来2度目となる首位獲得で、この記録は日本人初の快挙です。

 最新作は生音・生演奏にこだわり、ピアノをこれまで以上に全面に押し出したナチュラルかつダイナミックな作品。世界が愛する松居の音楽がどう展開されるのか、期待が高まります。

最終更新:10/7(金) 17:35

CDジャーナル

なぜ今? 首相主導の働き方改革