ここから本文です

アンジー、ブラピ関連のタトゥー除去へ

シネマトゥデイ 10/7(金) 6:20配信

 ブラッド・ピットとの離婚を決意したアンジェリーナ・ジョリーが、ブラピに関連するタトゥーを全て除去することを決意したことが明らかになった。もはやアンジーにとってそれらのタトゥーは「ネガティブなもの」でしかなく、一刻も早く消したいとアンジーは願っているとAceShowbiz.comなどが報じている。

【写真】ラブラブだった頃のブラピ&アンジー

 アンジーは母親が亡くなった後や、子どもを養子に迎えた後、出産後など、大きなイベントの後にタトゥーを入れることが多く、2013年に乳がん予防のために乳房切除手術を受けた際には18個目のタトゥーを体に刻んでいた。アンジーに近しい人は「アンジーにとってタトゥーはとても特別なものです。今の彼女はブラッドと関係するタトゥーの除去を一刻も早く済ませたいと思っており、その痛みもブラッドの『ネガティブ』を消すためなら構わないと思っています。ブラッドも同じようにアンジー関連のタトゥーを入れていますが……」と語ったと同サイトは伝えている。

 2003年にビリー・ボブ・ソーントンと離婚した際にも「ビリー・ボブ」という文字が彫られたタトゥーを消していたアンジー。今回の離婚の原因とされているプライベートジェットの中で感情的になったブラピの「子どもへの暴力」について両陣営の意見が食い違うなど騒動はまだ収まっていないが、アンジーの離婚への決意は固いようだ。

 アンジーとブラッドは2004年から交際を始め、2014年8月に結婚。実子3人、養子3人を育て、ハリウッドを代表するおしどり夫婦として世界中から愛されていた。(編集部・海江田宗)

最終更新:10/7(金) 6:20

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]