ここから本文です

サムスン電子の7~9月営業益 市場予想上回る7300億円

聯合ニュース 10/7(金) 9:16配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は7日、7~9月期の本業のもうけを示す営業利益が前年同期比5.6%増の7兆8000億ウォン(約7300億円)になる見通しだと発表した。4~6月期は9四半期ぶりに8兆ウォン台を回復したが、7~9月期は前期比4.2%減少し7兆ウォン台にとどまった。

 しかし、市場予想の平均(7兆4393億ウォン)に比べると3000億ウォン以上多い。

 最新スマートフォン「ギャラクシーノート7」の回収・無償交換により1兆ウォン前後の損失が発生したが、半導体とディスプレー事業の収益引き上げで補ったと分析される。

 事業部別の営業利益も明らかになる確報値は月末に発表される。

  一方、7~9月期の売上高は49兆ウォンで、前年同期比5.2%、前期比も3.8%、それぞれ減少する見通しだ。

最終更新:10/7(金) 9:20

聯合ニュース