ここから本文です

大好評ビデオコメント企画「わたしにとってのくるり」第5弾は女優・吉岡里帆

M-ON!Press(エムオンプレス) 10/7(金) 12:07配信

くるりの結成20周年記念オールタイムベストアルバム『くるりの20回転』リリース記念企画として、スペシャルサイトで行われている「わたしにとってのくるり」。この企画の第5弾として、女優の吉岡里帆からコメントが到着した。

【詳細】コメント動画はこちら

「わたしにとってのくるり」は、オールタイムベスト『くるりの20回転』のリリースを記念し、くるりに縁のある方々のビデオコメントを紹介していく企画。これまでに又吉直樹(ピース)、フルカワミキ、岡崎体育、小田和正のコメントを紹介。それぞれ、「東京」「ばらの花」「琥珀色の街、上海蟹の朝」「JUBILEE」を曲紹介している。

そして、その第5弾としてコメントを届けたのは、くるりと同郷である京都府出身の吉岡里帆。CM出演や様々な雑誌の表紙・巻頭グラビアを飾り、現在放送中の連続ドラマにも出演する人気上昇中の女優だ。

吉岡里帆が紹介するのは、2014年にくるりが発表した「Liberty&Gravity」。発表当時「なんだか変な曲」として話題を呼んだユニークすぎる楽曲のミュージックビデオを、女性らしいあたたかなコメントと共に紹介している。

リリース情報
2016.09.14 ON SALE
ALBUM『くるりの20回転』

ライブ情報
京響プレミアム -岸田 繁「交響曲第一番」初演 京都公演-
12/04(日) 京都・ロームシアター京都メインホール
出演:岸田 繁、広上淳一、京都市交響楽団

『くるりの20回転』特設サイト
http://quruli.net/20th/

くるり OFFICIAL WEBSITE
http://www.quruli.net

最終更新:10/7(金) 12:07

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]