ここから本文です

「デスノートLNW」に松山ケンイチがL役で出演決定!本人コメントも到着

映画ナタリー 10/7(金) 7:00配信

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が共演する「デスノート Light up the NEW world」に、松山ケンイチが世界的名探偵・L役で出演していることが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作では、キラこと夜神月とLの対決から10年後の世界を舞台に、6冊のデスノートを巡って争奪戦が繰り広げられる。東出がデスノート対策本部捜査官・三島創、池松がLの遺伝子を継ぐ男・竜崎、菅田がサイバーテロリスト・紫苑優輝に扮し、監督を「アイアムアヒーロー」の佐藤信介が務めた。

松山は、金子修介がメガホンを取った「DEATH NOTE デスノート」でLを演じ、第30回日本アカデミー賞で優秀助演男優賞を受賞。2008年公開作「L change the WorLd」以来約8年ぶりにL役を務めた松山は「久しぶりにLを演じる事が出来てとても嬉しく思っています」と述べ、「自分にとって心身ともに遠い存在になっていました。このように自分の中のLを探す旅みたいな事が出来たのもこの作品のおかげだと思って感謝しています」とコメントを寄せた。Lがどのような形で登場するのか、ファンは楽しみにしておこう。

「デスノート Light up the NEW world」は10月29日より全国ロードショー。

松山ケンイチ コメント
また久しぶりにLを演じる事が出来てとても嬉しく思っています。なれたのは3分だけでしたが。でもそれ以上なれない位自分にとって心身ともに遠い存在になっていました。このように自分の中のLを探す旅みたいな事が出来たのもこの作品のおかげだと思って感謝しています。

佐藤貴博(プロデューサー)コメント
10年ぶりのデスノートに何とかして松Lにも参加して欲しかった。松ケンには「L change the WorLd」のラスト直前の気持ちで演じてくれと伝えました。さらに、Lの芝居の裏側に、役者の後輩である池松壮亮への松山ケンイチとしての気持ちも込めてくれと難題もぶつけときました。しっかり込められていたと思います(笑)。ファンサービスの気持ちで松山に出演をお願いしたのですが、さすがそれ以上のものを出してくれました!



(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

最終更新:10/7(金) 7:00

映画ナタリー