ここから本文です

JR九州、株式売り出し価格の仮条件2400~2600円に決定

レスポンス 10/7(金) 10:00配信

JR九州は、株式上場に向けた株式売り出しに関する仮条件を1株当たり2400~2600円に決定したと発表した。

仮条件の決定に当たって機関投資家にヒアリングした結果、高いブランド力と鉄道ネットワークを基盤とする駅ビル・不動産事業の収益性が高く今後も成長ができることを考慮。また、良好なキャッシュフローなどによって安定的な配当方針を掲げていること、運輸サービス事業の採算性・収益性の改善が見込まれることなどを評価した。

これらの評価に加え、業績や類似性のある上場会社との比較、現在のマーケット環境、上場日までの価格変動リスクを総合的に検討した結果、仮条件は2400~2600円の範囲が妥当と判断した。

JR九州の株式を保有する鉄道建設・運輸施設整備支援機構が最高1億6000万株を売り出す予定。売り出し価格は10月17日に決定する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/7(金) 10:00

レスポンス