ここから本文です

生きたまま犬のエサに…小栗旬主演「ミュージアム」“ドッグフードの刑”特別映像公開

映画.com 10/7(金) 12:00配信

 [映画.com ニュース] 小栗旬と大友啓史監督が初タッグを組んだ映画「ミュージアム」の特別映像を、映画.comが独占入手した。連続猟奇殺人鬼・カエル男が行う「5つの私刑」のうち、最初の刑である「ドッグフードの刑」が収められている。

【動画】「ミュージアム」特別映像:ドッグフードの刑

 映画は、過激な描写と緻密なストーリー構成だけでなく、裁判員制度の問題といった社会派のテーマを盛り込み人気を博した巴亮介氏の同名漫画を実写化。刑事・沢村(小栗)は、雨の日にだけ起こる猟奇殺人事件を追っていた。犯人と目されるのは、カエルのマスクをかぶり、被害者を象徴する方法で殺していく通称カエル男。沢村はカエル男が周到に用意した罠にはまり、いつしか絶望的な状況に追い詰められていく。

 映像では、大型犬が吠えるなか、「雨が降ると、奴が来る」というテロップが映し出される。警察犬だと思った沢村がしつけるように注意すると、犬は犯行に使われた“凶器”であることが発覚する。大きく表示された「危険! 鑑賞注意」のマークの後ろには、「ドッグフードの刑」と称し生きたまま犬のエサにされた被害者らしき人物が確認でき、カエル男の異常性を示す映像となっている。

 映画「ミュージアム」は、尾野真千子、野村周平、丸山智己、伊武雅刀、田畑智子、市川実日子、大森南朋らが共演。11月12日から全国公開。

最終更新:10/7(金) 12:00

映画.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革