ここから本文です

成田国際空港、航空機発着回数など4項目が過去最高 8月

レスポンス 10/7(金) 10:04配信

成田国際空港が発表した8月の運用実績によると、航空機発着回数など4項目で開港以来、最高記録を更新した。

[関連写真]

航空機発着回数は、国際線における新規就航や新規路線開設の効果で、前年同月比3%増の2万1455回と、単月で過去最高となった。

このうち、国際線は、香港航空、ハワイアン航空などの新規就航による旅客便が過去最高となり、同5%増の1万6816回で過去最高だった。

国内線は同3%減の4639回と前年割れだった。

航空旅客人数は、「山の日」効果で連休が取りやすかったことなどから国際線の日本人旅客も好調で、同2%増の371万8078人と過去最高だった。国際線外国人旅客数もアジアを中心に増加し、同5%増の117万8237人と8月として過去最高だった。日本人旅客数は同5%増146万2836人だった。

国内線は3%減の68万4105人とマイナスだった。

国際線貨物では、仮陸揚貨物量が同12%増の7万0431トンと、8月として過去最高となった。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/7(金) 10:04

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。