ここから本文です

ハリアー機が飛行再開 事故から2週間、原因不明のまま

琉球新報 10/7(金) 8:56配信

 【嘉手納】9月22日に沖縄本島東沖で墜落した事故機と同型のAV8Bハリアー戦闘攻撃機が7日午前8時39分、嘉手納飛行場で飛行を再開した。事故原因が明らかにされないまま、事故から15日後の飛行再開に県や住民の反発が広がっている。

 翁長雄志知事は事故原因が特定されるまでの飛行中止を求めていたが、在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官が5日に飛行再開を発表していた。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:10/7(金) 11:03

琉球新報