ここから本文です

『シルバー事件』HDリマスターPC版が配信開始、アートブックやデジタルコミック付属のDX版も

ファミ通.com 10/7(金) 11:42配信

●10月7日はオリジナル版発売からちょうど17年
 グラスホッパー・マニファクチュアは、PC向けタイトル『シルバー事件』HDリマスターPC版を、本日2016年10月7日よりSteam、PLAYISMほかにて配信開始した。価格は1980円[税込]。各種特典付属のDX版も同時リリースされる。

 以下、リリースより。

----------

<nolink>『シルバー事件』</nolink>HDリマスターPC版
オリジナル版の発売日である1999年10月7日からちょうど17年の時を経て、2016年10月7日より『シルバー事件』HDリマスターPC版を配信開始いたしました。定価は1,980円(税込)、ロンチ一週間は10%offでお届けいたします。

ストア一覧
※Steam
※PLAYISM
※GOG
※Humble Store

※Mac版は、今秋対応する予定です。
※フィジカル版は、今秋予約受付を開始する予定です。

<nolink>『シルバー事件』</nolink>DX版
また、ゲーム本編だけでなく、豪華特典付きのDX版もご用意いたしました。

■アートブック
作中イラストを収録した全40PフルカラーのPDF。HDリマスターPC版のために宮本崇氏が書き下ろした新たなイラストも収録。

■デジタルコミック
原作須田剛一、漫画竹谷州史氏のタッグで届ける、『#0 ルナティックス』の前日譚からゲーム冒頭まで描いた全22ページのデジタルコミック。

■オリジナルサウンドトラック
作中登場曲はもちろん、今回用に山岡晃氏がリミックスした新たな音源も収録した、全34曲のサウンドトラックをwavとmp3でお届けいたします。

<nolink>『シルバー事件』</nolink>HDリマスター版とは
1999年、「24区」。謎の連続猟奇殺人発生。
24署凶悪犯罪課の刑事たちは、ある犯人像──20年前に発生した「シルバー事件」において政府の要人たちを次々と暗殺したと言われている伝説の殺人鬼・ウエハラカムイに行きあたる。だがカムイの実像を知るものは誰もいない。果たしてカムイは復活したのか?そして、伝説の殺人鬼・カムイとは何者だったのか?――

プレイヤーは、公安特殊部隊「リパブリック」の隊員である主人公をFPS視点で操作することになります。数々の謎を解き、奥深いストーリーを少しずつ明らかにしていくという、アドベンチャーゲームとビジュアルノベルを融合したスタイルで、新鮮かつ独特な体験をプレイヤーに提供した作品です。

『花と太陽と雨と』、『killer7』、『ノーモア★ヒーローズ』シリーズ、『ロリポップチェーンソー』をはじめ、現在『LET IT DIE』の開発を行う須田剛一/ SUDA51の原点と言うべき作品であり、株式会社グラスホッパー・マニファクチュアの処女作でもある『シルバー事件』のリマスター版を2016年秋よりPCプラットフォームで配信いたします。

今回のリマスター版では、1999年にPlayStationで配信された『シルバー事件』の空気感をそのままにHDリマスターを行うとともに、英語ローカライズを実施。ついに『シルバー事件』が全世界のSUDA51ファンに届けられます。

【製品概要】
タイトル:『シルバー事件』(The Silver Case)
ジャンル:アドベンチャー
対応システム: Windows(Mac版は発売後に対応)
配信プラットフォーム: Steam / PLAYISM / GOG / Humble Store
対応言語:日本語、英語
周辺機器:ゲーム用コントローラ、キーボード、マウス
発売日:2016年10月7日
価格:1,980円(税込)
DX版価格: 2,980円(税込)デジタルサントラ・アートブック・コミック同梱
開発元:株式会社グラスホッパー・マニファクチュア
販売元:株式会社グラスホッパー・マニファクチュア
HDリマスター版PC開発:株式会社アクティブゲームメディア
販売サポート:PLAYISM

最終更新:10/7(金) 11:42

ファミ通.com