ここから本文です

【BFC】電撃参戦のKrush王者・武居「ケージはかっこいい」

イーファイト 10/7(金) 19:35配信

 10月10日(日)東京・ディファ有明で開催される『GRACHAN25×BFC vol.2』。BLUE DOG GYM設立10周年を記念し、同ジムの自主興行「BFC」とGRACHANの合同興行として行われる大会で、13:00から『BFC vol.2』の13試合、16:00から『GRACHAN25』の8試合という2部構成で行われる。

【フォト】年内での引退を表明している元DEEPメガトン級王者・川口雄介

 大会の前半戦となる『BFC vol.2』に出場する選手たちのコメントが主催者を通じて届いた。

 現役王者として電撃参戦が決まったKrush -53kg王者・武居由樹(POWER OF DREAM)。現在20歳の武居はWINDY SUPER FIGHTなどのリングでジュニア時代から活躍。6月の初代Krush -53kg王座決定トーナメント決勝戦では、ベテランの上羽優希を初回KOで下して王座に就いた。

「今回試合を受けた理由は、ケージ(金網)の中で試合できる機会が滅多にないのと、ケージはかっこいいイメージがあったのでやってみたかったからです」と武居。「ケージだとイメージ的にバチバチに打ち合えるんじゃないかと思ってます」と憧れのケージで迎えるキックルールでの試合に闘志を燃やし、「怪我しないように綺麗な勝ち方をしたいです」と勝利を予告した。

 その武居と対戦するのは伊藤佑一郎(BLUE DOG GYM)。現役高校教師というもう一つの顔を持ち、武居と同じくKrushに参戦しているファイターだ。過去最高の強敵を前に、伊藤は「10周年にふさわしい戦いをしたいです。武居選手はボクシングが上手く、気持ちも強いイメージがあります。研究されていると思いますが、必ず当ててKOを狙いたいです」とKO勝ちを狙う。

 また、今大会には今年2月に年内で引退する意向を表明した初代DEEPメガトン級王者・川口雄介(BLUE DOG GYM)が参戦。ルールやリングを問わず7試合を戦う引退七番勝負の第六戦として、瓜田幸造(フリー)とMMA(総合格闘技)ルールで対戦する。

 川口は「最後一年頑張りたいのでやらせてください!ということで七番勝負で区切りをつけようと思いました。何が得意とかはないので、思いっきりぶつかるだけです」と意気込みを伝えた。残り少ない現役生活を悔いなく全うしたいところだ。

 ほかにも、BFCと韓国の総合格闘技団体「ROAD FC」との対抗戦も行われる今大会。9月29日(木)に行われた会見で、BLUE DOG GYMのBULL会長(本名=今野寛和)は「今回はBLUE DOG GYM設立10周年の記念大会と言うことで、良い試合が組めたと思います。武居選手と伊藤選手が、普段と違う金網の中でどんな試合を見せてくれるのか楽しみです。また、BFC vs ROAD FC 対抗戦の大将はBLUE DOG GYM所属の近藤定男が務めますが、メインに相応しい試合を見せてほしいと思います」とエールを送っている。

最終更新:10/7(金) 19:35

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。