ここから本文です

原口元気「点を取ったけど、それ以外がよくない」/日本代表

ISM 10/7(金) 8:36配信

 日本代表は6日、2018年W杯アジア最終予選でイラクと対戦し、2対1で勝利した。以下は試合後のFW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)のコメント。

●原口元気コメント

「意味のある勝ち点3にするためには、次の試合が大事だなと思う。簡単ではないなと感じました」

Q:ゴールを決めたが?
「あれは良さが出たなと思います。あのボールのとり方、僕は得意なので。その後出ていって、キヨくんと圭佑くんがいいコンビネーションで崩してくれたので。いいところに入れたし、少しラッキーな部分もありましたけど、決まってよかったなと思います」

Q:そんなにボールに触れずリズムを作りにくかったと思うが、冷静になれたのは?
「得点シーンは落ち着いていたと思う。あれだけ速い攻撃ができれば、どういう相手でもチャンスはできるかなと思いますが、逆に言えば、ああいういい攻撃がその後になかなか形にならなかったのは課題だと思います。ああいうプレーを増やしたいと思います」

Q:いかにもセンターフォワードが決めそうなゴールだったが?
「ヘルタだとあそこに入れないですからね(笑)。ヘルタだったらこぼれを狙う感じですけど、代表だとオカさんがうまく見てくれて、僕が入るスペースがあったので」

Q:代表の中でかなり存在感を見せられているが?
「続けたいですね。今日は点を取ったけど、それ以外の内容がよくないと思うし、継続力が90分を通して足りない。次の試合でも点を取る以外のプレーでもっと見せていかないと、ポジションを確実に取るのは難しいので、次はもっとクオリティをもっと見せて、なおかつ得点も狙っていきたい」

最終更新:10/7(金) 8:37

ISM

スポーツナビ サッカー情報