ここから本文です

<W杯アジア予選>“決勝ゴール&MOM選定”ソン・フンミン、次戦イラン戦「プレッシャーだが必ず勝つ」

WoW!Korea 10/7(金) 10:01配信

ソン・フンミン(24、トッテナム)が決勝ゴールを決め、韓国サッカーを救った。

 ウリ・シュティーリケ監督が率いるサッカー韓国代表チームは6日午後8時、水原ワールドカップ競技場で開催された2018ロシアW杯アジア地域最終予選A組第3戦で、ソン・フンミンの決勝ゴールでカタールに3-2と逆転勝利を収めた。

ソン・フンミンの紹介と写真

 ソン・フンミンは2-2で迎えた後半13分、決勝ゴールを放ち、韓国を救った。試合後、ソン・フンミンはMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選定された。

 決勝ゴールについてソン・フンミンは「逆転ゴールを決めて、うれしい。厳しい試合でゴールを決められて胸がいっぱいだ」と笑った。

 この日の試合でソン・フンミンはAマッチ50試合目に出場。彼は「50試合目とは知らず、記事を見て知った。代表チームで50試合をプレーできて光栄だ。これからも多くの試合でプレーしたい」と述べた。

 ソン・フンミンはキ・ソンヨンの最初のゴールをアシストした。彼は「僕のパスが良かったというよりソンヨンヒョン(ヒョン:親しい年上男性に対して使う言葉、意味はお兄さん)が上手く蹴った。主将として責任を持つ姿を学んだ」と話した。

 韓国は、1度も勝利できていないイラン遠征に臨む。ソンヨンは「全ての試合が容易ではない。2014年から最終予選をプレーしているが、全ての試合が戦争だ。イランには、いつも勝とうと努力している。厳しくプレッシャーだが勝たなければならない」と必勝を誓った。

最終更新:10/7(金) 10:01

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。