ここから本文です

「5カ月分の予算が最初の1週間で消えた」―― 出版社社員が明かす「Kindle Unlimited」大混乱の理由

ねとらぼ 10/7(金) 0:06配信

 人気作品を突如ラインアップから削除するなど、サービス内容をめぐって混乱が広がっている、Amazon.co.jpの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」ですが、ITジャーナリストの西田宗千佳氏は10月5日放送のニコニコ公式生放送に出演し、最大の失敗要因について「Amazonが(需要を)読み違えた」ことだと分析しました。また、同番組には現役の出版社社員も匿名で出演しており、「5カ月分の予算を1週間で食いつぶしてしまった」と、Kindle Unlimitedの内情についても語られています。

【画像】現役出版社社員も出演

 番組には西田氏のほか、ITジャーナリストの津田大介氏、弁護士の福井健策氏も出演。「Kindle Unlimitedは今後どうなるのか」というテーマで、Kindle Unlimitedの現状や未来について語られました。

 西田氏はAmazonと出版社が結んでいた契約について、もちろん出版社ごとに細部は異なるとしつつも、おおむね次のようになっていたと語っています。

・年末までは本が読まれた場合、普通に売った時と同じ料金をAmazonが出版社に支払う契約になっていた
・通常、Kindle Unlimitedでは読まれたページ数に応じて利益が支払われるが、出版社向けの契約では、全体の10%が読まれたら1冊読んだことにするとしていた

 今回、AmazonはKindle Unlimitedの国内ローンチにあたり、出版社の参入を促すため、2016年末までの期間限定で、通常よりも有利な条件を提示していたとのこと。こうした「~放題」サービスでは、得られた利益を全員で分けるような形をとるのが一般的ですが、上記契約では期間限定とはいえ、支払い額を「青天井」に設定してしまったのが第一の失敗です。

 もう1つの失敗は「Amazonが思っていた以上に読まれてしまった」こと。上記のような契約内容だと、読まれるスピードが早い漫画や雑誌、写真集などは、アッと言う間に「読んだ」ことになってしまいます。しかも西田氏によると、他の国の電子書籍は小説の割合がもっと高く、「ここまで漫画や雑誌、写真集が読まれる国は他にない」のだそう。日本のマーケット事情を読み違え、結果的にものすごい大盤振る舞いをしてしまった、というのが第二の失敗でした。

 この「読み違え」がAmazonにとって想定外だったのは間違いありませんが、西田氏によれば「想定外のレベルが違った」とのこと。現役出版社社員の平田氏(仮名)は、あくまで伝聞だとしつつも、「最初の1週間でAmazonが用意していた1年分(8月スタートなので実質5カ月分)の予算が消えた」とコメント。単純に考えれば、5カ月(23週間)分の予算が1週間で消えたわけですから、想定の20倍以上のスピードで予算が吹っ飛んだ、という計算になります。また当初の契約には“契約延長”についての項目も盛り込まれており「もっとかかる見積もりだったのでは」と平田氏。

 あとは既に各所で報道されている通りで、サービス開始から1週間ほどで、Amazonは一部の漫画や写真集といった人気作を読み放題対象から削除。その後もユーザーや出版社に断りなく、大量の作品を読み放題対象から次々と除外し、講談社や徳間書店、小学館など大手出版社から抗議を受ける事態にも発展しています。

 ブログ「見て歩く者」の調査によると、開始当初は14万点超だった読み放題対象が、10月1日時点では12万8456点にまで減少しているとも。利用者側からも「いつ人気作が消えるか分からない状態では安心して使えない」といった声があがっており、できるだけ早い問題解決が待たれるところです。

最終更新:10/7(金) 0:06

ねとらぼ