ここから本文です

小日向文世が電気のない世界で悪戦苦闘、矢口史靖「サバイバルファミリー」予告

映画ナタリー 10/7(金) 10:00配信

矢口史靖の監督最新作「サバイバルファミリー」の予告編と特報がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

矢口のオリジナル脚本による本作は、電気が突如なくなってしまった世界で生き残るために旅をする4人家族の姿を描いたサバイバルムービー。東京を脱出する鈴木家の面々を小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかなが演じ、その脇を時任三郎、藤原紀香、大野拓朗、志尊淳、渡辺えり、宅麻伸、柄本明、大地康雄らが固める。

約1分半の予告編は、電気が止まりパニックになる人々を映したシーンから幕開け。小日向演じる父・義之の「大丈夫だ、任せとけ! 俺に付いてくればなんとかなる」というセリフをきっかけに、一家4人の珍道中が始まる。家族を守るために奮闘するも、息子には「偉そうなことばっか言ってなんもできねえじゃん」と言われてしまうなど空回りしてばかりの義之。映像は、自転車に乗って移動する鈴木家のユーモラスなサバイバル生活を切り取っていく。

「サバイバルファミリー」は2017年2月11日より全国ロードショー。



(c)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

最終更新:10/7(金) 10:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]