ここから本文です

DENONからスリムデザインのシアタースピーカー・シリーズ2モデルが新発売

CDジャーナル 10/7(金) 17:35配信

 DENONが、スリムデザインのシアタースピーカー・システムとして、エントリーモデルの「17」シリーズと中堅クラスの「37」シリーズの2モデルを10月中旬に発売。

 両シリーズ共にDENON初のドルビーアトモス・イネーブルドスピーカー「SC-EN10」(30,000円 / ペア)を加えたシステムとなっており、フロント左右にはトールボーイスピーカー「SC-T17」(51,250円 / ペア)、「SC-T37」(85,000円 / ペア)、リアにはブックシェルフスピーカー「SC-A17」(25,000円 / ペア)、「SC-A37」(37,500円 / ペア)、センタースピーカー「SC-C17」(12,500円 / 1台)、「SC-C37」(21,250円 / 1台)、両シリーズに共通のサブウーファー「DSW-37」(32,500円 / 1台)の7スピーカー構成。再生周波数域を60kHzまでカヴァーするワイドレンジの2cmソフトドームトゥイーターを搭載し、可聴帯域を超える超高域サウンドを実現してハイレゾ音源の持つリアルな空気感の再生を可能にしています。

 「SC-EN10」は、フロントスピーカーまたはサラウンドスピーカーの上部に、斜め上に向けて設置。ユニットから発生するサウンドが天井に反射することで天井に埋め込まれたスピーカーなどと同様の効果を得ることができるというもの。フロントスピーカーとセンタースピーカーはダブルウーファーを採用し、エッジの向きを逆に装着するP.P.D.D. 駆動により、駆動時に発生する高調波歪を互いに打ち消し合うことで、高品位な重低音とクリアな再生の両立を実現。

 仕上げカラーは、「37」シリーズはピアノ・ブラック仕上げと天然木突き板仕上げを用意。「17」シリーズはピアノ・ブラック仕上げのみとなっています。

最終更新:10/7(金) 17:35

CDジャーナル