ここから本文です

【京都大賞典】ラブリーデイ圧巻走 始動戦に向け好感触 ルメール絶賛

デイリースポーツ 10/7(金) 6:04配信

 「京都大賞典・G2」(10日、京都)

 史上4頭目の連覇を狙うラブリーデイは6日、ルメールを背に栗東CWで併せ馬。軽快な走りで仕上がりの良さをアピールした。今後の大舞台につながる一戦。ここできっちり弾みをつけるか。

 連覇を誓う。昨年同様、ここが始動戦となるラブリーデイは、ルメールを背に栗東CWで併せ馬。ステイインシアトル(5歳1600万下)を1馬身半追走して半馬身遅れたが、終始馬なり。4F54秒6-39秒5-12秒2を計時した。池江師は「サラッとしかやってないから、先週の鋭い動きに及ばないけど。まだ先もあるので」と説明。鞍上は「フレッシュ。メッチャ速い。いいコンディション。押してないけど反応は良かった」と好感触だ。

 一流馬は自分で体をつくると言われるが、この馬も例外ではない。「宝塚記念も状態は良かったけど、今回もいい。追い切りのあと10キロぐらい絞れる賢い馬。だから休み明けでも動ける」と、指揮官は3カ月半ぶりの実戦に意欲。宝塚記念から休養を挟んだローテーションは昨年と同じ。調整しやすいタイプだ。

 昨年は破竹の勢いで出世街道を駆け上った。中山金杯の重賞初勝利を皮切りに、G12勝を含む6つの重賞タイトルを手にした。「昨年は晴れが続いてラッキーだった。今年は雨にたたられることが多い。しょうがない」。今年は3戦して全て4着。速い時計の決着を好む馬だけに、香港遠征や宝塚記念は渋った馬場に泣かされた。

 今年のターゲットは「天皇賞・秋(30日・東京)と香港C(香港GI・12月11日・シャティン)」と師は高らかに宣言。週末の天気予報は下り坂とあって「土日が雨なので、カチカチの馬場にはならない。昨年の馬場は望めない」と表情を曇らせるが、秋盾連覇、春にかなわなかった海外G1制覇を見据えれば落とせない一戦だ。春の悔しさを、ここでまとめて晴らす。

最終更新:10/7(金) 7:45

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。