ここから本文です

レンタカー市場拡大、2015年度は前年度比3.4%増で1兆円に迫る

レスポンス 10/7(金) 11:04配信

帝国データバンクは、レンタカー業者の経営実態調査を実施、その結果を発表した。

調査結果によると、レンタカー業を主業する企業は、2016年9月時点で256社あることが判明。本社所在地別では、最も多かったのは「東京都」「沖縄県」の21社(構成比8.2%)、以下、北海道(20社・同7.8%)、愛知県(16社・同6.3%)、大阪府(13社・同5.1%)と続いた。

[関連写真]

256社の売上高合計は、2011年度以降は増加基調で推移。2015年度の売上高合計は、前年度比3.4%増の9892億3900万円と1兆円規模に迫り、レンタカー市場の拡大が続いている。

256社の増収・減収動向を見ると、2015年度の売上高が前期比増となった企業は152社(構成比59.4%)と判明。年度別推移を見ると、2011年度(137社・同62.0%)以降、増収企業の構成比は2年連続で増加し、2013年度(167社・同70.5%)にピークを迎えたものの、翌2014年度は、ETC 特別割引終了などの影響を受け、構成比59.1%まで落ち込んだ。

256社を直営やFC加盟を含むレンタカーブランド別に見ると、最も多かったのは自動車メーカーや同リース会社などが保有するブランドを含む、「トヨタレンタリース」「オリックスレンタカー」「ニッポンレンタカー」「タイムズカーレンタル」「日産レンタカー」「バジェットレンタカー」の大手6ブランドで148社(構成比57.8%)。空港や駅などでレンタカー業を展開する企業や、大手の半額程度の料金を設定し、格安レンタル事業を展開している企業を含む「その他」は108社(同42.2%)と判明した。

そのの売上高構成比は、大手6ブランドが91.5%(9049億1300万円)を占めた。ブランド別企業数では全体の約6割程だったものの、売上高では全体の9割以上を占めるなど、非常に高いシェアを保持している。一方、企業数で全体の約4割を占めた「その他」は、売上高では8.5%(843億2600万円)の規模にとどまった。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/7(金) 11:04

レスポンス