ここから本文です

『ウルヴァリン』第3弾、タイトルは『ローガン』

cinemacafe.net 10/7(金) 18:15配信

『ウルヴァリン』第3弾タイトルが『ローガン』になることがわかった。

ウルヴァリン役をこれまで務めてきたヒュー・ジャックマンにとって同役で出演する映画作品8作目であり最後の作品となる『ローガン』のポスターをヒューは自身のツイッターで公開し、ウルヴァリンの手と小さな子どもが手を繋いでいる写真がプリントされたそのポスターには『ローガン』というタイトルと、2017年3月3日公開と記されている。

【写真】『ローガン』のポスター

さらに同作品の監督を務めるジェームズ・マンゴールドもツイッターでポスターと脚本の2ページ目を公開した。その中で、ジェームズ・ハウレットまたの名をローガンとして知られるウルヴァリンは「年をとり」、「能力は間違いなく昔ほどでないことが明らか」と記されている。

映画関係者らは「ザ・ラップ」に対し、ポスターの写っている子どもの手は、ウルヴァリンに指導されたミュータントの少女であると明かしている。

理由は明かされていないがミュータントの出生数が下り坂になっている2024年を舞台に繰り広げられるストーリーとなるようだ。政府機関「トランシジェン」が若いミュータントたちを殺人鬼へと育成している時代、ローガンは顔色も悪く、飲んだくれて、自身の持つ能力を失いつつあり、怪我を負うと回復が遅く、時には全く治らないときもある状態だそうだ。

さらにはパトリック・スチュワートが演じるプロフェッサーXも年を取り体調が悪く、持っていた能力も不安定な状態になり、ローガンのことすら思い出せないこともあるような状態だという。ローガンはステファン・マーチャント演じるアルビノ・ミュータント、カリバンの力を借りながらプロフェッサーXの面倒を見ているという設定のようだ。

2000年『X-MEN』からウルヴァリン役を演じてきたヒューだが、今回の新作を最後にその役に別れを告げる意向をすでに明らかにしている。

(C) BANG Media International

最終更新:10/7(金) 18:15

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]