ここから本文です

PS Vita用ソフト『プラスティック・メモリーズ』雨宮天さんや内匠靖明さんのインタビューを総まとめ

ファミ通.com 10/7(金) 12:02配信

●9人のキャスト陣へのインタビューを発売前にチェック!!
 いよいよ2016年10月13日に発売されるプレイステーション Vita用ソフト『プラスティック・メモリーズ』。人工の心を持ったアンドロイド“ギフティア”の少女・アイラと、主人公の水柿ツカサの物語が描かれていくだけではなく、彼らを温かく見守る人々にも焦点を当て、作品世界をより深く楽しむことができる作品だ。

 ファミ通.comでは、同作のメインキャラクターたちを演じたキャスト陣に全9回にわたってインタビューを敢行。その内容を改めてまとめたので、ぜひチェックしてほしい。

■インタビュー第1弾
●【上坂すみれ】「エルはアイラのかわいさをより引き出していると思います」

■インタビュー第2弾
●【津田健次郎】「どんなゲームになっても、悲しいお話になるんじゃないかと思っていました(笑)」

■インタビュー第3弾
●【愛美】「シェリーの意外な姿が見られます」

■インタビュー第4弾
●【豊口めぐみ】「どのエピソードにも、胸に刺さる要素が盛り込まれていて演じていて切なかった」

■インタビュー第5弾
●【日野聡】「いち役者としてすごく演じ甲斐のある役」

■インタビュー第6弾
●【赤崎千夏】「恋愛妄想を爆発させるシーンは好き放題やりました(笑)」
※“崎”はタツサキ

■インタビュー第7弾
●【矢作紗友里】「ゲームでは、ザックの新たな一面も描かれています」

■インタビュー第8弾
●【内匠靖明】「“戻ってきたな”という実感がありました」

■インタビュー第9弾
●【雨宮天】「温かいやさしい気持ちになれるエピソードばかりです」

最終更新:10/7(金) 12:02

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]