ここから本文です

【秋華賞】ビッシュ手応え十分 樫の女王シンハライト離脱で堂々主役へ

デイリースポーツ 10/7(金) 6:04配信

 「秋華賞・G1」(16日、京都)

 オークス3着馬ビッシュは6日、美浦Wで併せ馬を敢行。ダイワスキャンプ(4歳1000万下)を3馬身後方に従え、直線では手応えに余裕を持たせたまま併入。軽やかな脚取りで5F68秒9-39秒2-12秒8をマークした。

 「1週前としては上々でしょう」と鹿戸師は満足そうにうなずいた。オークス以来となった前走の紫苑Sは、大外枠も問題とせずに2馬身半差のV。「久々の実戦でもいい競馬をしていましたね。本番を期待できる走りでした」と胸を張った。

 樫の女王シンハライトが戦線を離脱。主役を担う存在へと躍り出たが、決して浮足立つことはない。「こちらがやることは何も変わらない。いつも通り万全の状態で送り出すだけ」。10年アパパネ以来、6年ぶりの関東馬Vを目指し、一点の曇りもない。

最終更新:10/7(金) 7:42

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。