ここから本文です

うおおおおおお! 松山ケンイチ、デスノート新作映画で8年ぶりに「L」を演じる

ねとらぼ 10/7(金) 7:00配信

 10月29日公開予定の映画「デスノート Light up the NEW world」で、俳優の松山ケンイチさんが約8年ぶりに「L」を演じることが発表されました。まさかの復活……!

【画像:「夜神月は生きている」発言の真相は?】

 松山さんは、2006年に公開された映画「DEATH NOTE」で世界的名探偵Lを怪演し、2008年のスピンオフ作品「L change the WorLd」では主演も務めました。

 最新映画で約8年ぶりにLを演じる松山さんの役どころは、Lの遺伝子から生まれた正統な後継者の天才探偵・竜崎(池松壮亮)に、前作のラストでキラを倒すために講じた手段である“デスノートの使用”への思いを語るというもの。10年越しにLの考えが分かるってことか! 

 松山さんはL再演についてコメントを発表。「また久しぶりにLを演じることができてとてもうれしく思っています」「なれたのは3分だけでしたが、でもそれ以上なれない位自分にとって心身ともに遠い存在になっていました」「自分の中のLを探す旅みたいなことができたのもこの作品のおかげだと思って感謝しています」と思いを語ったほか、出演時間がわずかであることも明かしています。

 最新映画はキラとLの戦いを描いた初代「デスノート」から10年後の世界を描いたもの。先日解禁された予告映像では、キラの信奉者である紫苑(菅田将暉)から「夜神月は生きている」との発言が飛び出し話題に。10年後の世界でもキラとLの存在を強く感じることができるようです。

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

最終更新:10/7(金) 7:00

ねとらぼ

なぜ今? 首相主導の働き方改革