ここから本文です

10・10北朝鮮核・ミサイル挑発の可能性に「動向を注視している」=韓国大統領府

WoW!Korea 2016/10/7(金) 10:35配信

韓国青瓦台(大統領府)は来る10日、北朝鮮の労働党創建日を前後し、核実験や弾道ミサイル挑発を行う可能性について「動向を注視している」と7日、明らかにした。

 青瓦台のチョン・ヨングク報道官はこの日午前、「北朝鮮が労働党創建日を前後し、追加の核・ミサイル挑発の可能性があり、北側が咸鏡北道(ハムギョンプクト)豊渓里(プンゲリ)の核実験場の坑道入口で持続的な活動が捉えられているが、これに対する青瓦台の立場と対応があるのか」という質問にこのように答えた。

 また「朴槿恵(パク・クネ)大統領が先月初め、北朝鮮の5回目の核実験直後に指示した準国家非常体制を引き続き維持しているのか」という質問にチョン報道官は「今も非常状況で注視している」と伝えた。

 北朝鮮幹部出身の脱北者らが米国で亡命政府樹立を進めているという報道については「聞いたことがない」とし「統一部など、関連部署で確認しなければならない」と述べた。

 最近、一部で国家安全保障会議(NSC)で北朝鮮に対する先制攻撃論を議論したとの噂がある、という質問には「NSC議論内容について確認したことがなく、今後、伝えるべきことがあればお伝えする」と述べた

最終更新:2016/10/7(金) 10:35

WoW!Korea

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!