ここから本文です

負傷続きのロッベン、W杯予選フランス戦など欠場へ 88キャップから伸びず

ISM 10/7(金) 11:18配信

 オランダ代表のダニー・ブリント監督は現地時間6日(以下現地時間)、主将FWアルイェン・ロッベン(バイエルン/ドイツ)が2018年W杯欧州予選のベラルーシ戦とフランス戦を欠場すると明かした。

 度重なる負傷により、オランダ代表でのプレーから約1年も遠ざかり、キャップ数が88でストップしているロッベン。1日のブンデスリーガで傷めた肋骨の影響が残り、今月のW杯予選を欠場することになった。

 ブリント監督は「アルイェンと今朝話をした。彼は(試合に)行かない。フィットしていないんだ」と述べている。

 今予選グループA所属のオランダは、スウェーデンとの初戦は1対1で引き分け。7日にベラルーシ、10日にフランスといずれもホームで対戦する。(STATS-AP)

最終更新:10/7(金) 11:18

ISM

スポーツナビ サッカー情報