ここから本文です

<今週シネマ>7、8日公開の映画 「HiGH&LOW THE RED RAIN」「ジェイソン・ボーン」「少女」…

まんたんウェブ 10/7(金) 23:27配信

 今週末に公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。7日には、米俳優マット・デイモンさん主演の人気シリーズの“復活作”となる「ジェイソン・ボーン」(ポール・グリーングラス監督)が公開。8日には、「EXILE TRIBE」によるプロジェクト「HiGH&LOW」の映画第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」(山口雄大監督)、小説家の湊かなえさんのベストセラー小説を映画化した「少女」(三島有紀子監督)が公開される。

【動画まとめ】10月7~8日公開 映画紹介&予告編

 「HiGH&LOW」は、ドラマや映画、SNS、配信、マンガ、オリジナルベストアルバム、ライブなどが連動したプロジェクト。ドラマシリーズや映画第1弾「HiGH&LOW THE MOVIE」では、「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」の五つのチームが拮抗(きっこう)するSWORD地区を舞台に、男たちのプライドを懸けた壮絶な戦いや仲間との友情、絆などを描いてきた。今回の「THE RED RAIN」は、EXILE TAKAHIROさんと「三代目 J Soul Brothers」の登坂広臣さんが演じてきた人気キャラクター「雨宮兄弟」が主人公。次男の雅貴(TAKAHIROさん)と三男の広斗(登坂さん)が、1年前に姿を消した兄の尊龍(斎藤工さん)を捜し続ける中で、兄弟の過去に隠された秘密が徐々に明らかにされていくロードムービー的な趣もある作品に仕上がっている。

 「ジェイソン・ボーン」は、「ボーン・アイデンティティ」(2002年)、「ボーン・スプレマシー」(04年)、「ボーン・アルティメイタム」(07年)の3部作で完結した人気シリーズの約10年ぶりの復活作で、前作で自分の本名がデビッド・ウエッブであり、自ら志願してCIAの暗殺者になったことを突き止めたボーン(デイモンさん)だったが、今作では、なぜ彼がその道を選んだのかという新たなミステリーが浮上し、その謎がボーンの父の存在とともに描かれていく。ストーリーに前3作ほどの複雑さはなく、アクションシーンに見どころの比重が置かれ、ニッキー(ジュリア・スタイルズさん)が極秘ファイルを盗み出す冒頭からラスベガスのクライマックスに至るまで、緊張感を緩ませることなく見せ切っている。

1/2ページ

最終更新:10/7(金) 23:27

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]