ここから本文です

稚内で今シーズン全国初の「初雪」を観測 本州でも初冠雪

ねとらぼ 10/7(金) 9:34配信

 10月7日未明、北海道稚内で初雪が観測された。平年より15日早く、昨年より18日早い観測で、今シーズンでは全国で初めて。

【気象衛星では】

 稚内地方気象台によると、6日夜から稚内上空1500メートル付近の気温はマイナス3.6度で、11月上旬並の寒気が流れ込んでいたという。日中から続いた雨が0時過ぎから雪やみぞれとなったという。

 また、7日朝には盛岡地方気象台が岩手山で初冠雪を観測したとの報告も。9月29日には北海道旭岳で、10月6日には利尻山で初冠雪を記録しているが、本州では初めて。初冠雪とは山の中腹から山頂に雪が積もり、ふもとから白くなっているのが観測できたことをいう。

最終更新:10/7(金) 9:34

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。