ここから本文です

腰痛の広島・中崎にCS黄信号 最速145キロ止まり…紅白戦で“追試”

デイリースポーツ 10/7(金) 6:04配信

 「練習試合、広島10-2JR西日本」(6日、マツダスタジアム)

 右腰痛からの復帰を目指す広島・中崎翔太投手(24)が、負傷後初の実戦に登板した。最速は145キロ止まりで、1回2安打1失点。CSファイナルSでのベンチ入りに黄信号がともった。

【写真】野村は練習試合で右肩に打球直撃

 負傷後2度のブルペン入りを経て、9月14日・阪神戦以来22日ぶりの実戦に復帰。九回に登板すると、四球と2安打で失点した。

 中崎は「8割ぐらいで投げられている。腰は問題ない。怖さもない。順調に来ている」と前向きだった。

 だが、畝投手コーチの評価は違った。「スピードとキレがない。今日のボールの状態ではCSの登板は厳しい」。8日以降に予定される紅白戦で“追試”を受けて、最終判断を下すことになった。

最終更新:10/7(金) 7:00

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。