ここから本文です

TDK、IoT時代に向けた2つの最新鋭生産拠点が完成

EE Times Japan 10/7(金) 10:22配信

■2016年に稼働へ

 TDKは2016年10月6日、秋田県内で2つの新しい生産拠点が完成したと発表した。2拠点ともに2016年内に稼働を開始する。

 完成した2つの生産拠点は、本荘工場東サイト(秋田県由利本荘市)と稲倉工場東サイト(秋田県にかほ市)。いずれもTDKがグローバルでの電子部品製造における“マザー拠点”と位置付ける秋田地区に立地。2015年7月から約250億円を投じて建設を進めていた。

 本荘工場東サイトは、延床面積5万m2の2階建て建物で、高周波部品やピエゾ部品をはじめとした電子部品の開発、設計、製造を行う。稲倉工場東サイトは、延床面積1万5000m2の一部2階建て建物で、フェライト材料やフェライトコアなど電子部品用磁性材料の開発、設計、製造を行う拠点となる。

■インダストリー4.0、ゼロディフェクト

 新生産拠点についてTDKは、「IoT(モノのインターネット)向けビジネスの拡大を見据えた最新鋭の秋田地区のモノづくりのマザー拠点」と位置付け、インダストリー4.0の考え方と、ゼロディフェクトを実現する品質向上のモノづくりという2つのコンセプトを導入。「TDK独自の生産技術を結集した最新鋭の設備、システムを導入し、従来型のモノづくりにはない、新たな生産ラインを構築する」としている。

 2拠点は、秋田県の冬場の天候を活用し、積雪時の雪を格納して冷熱回収の補助にするシステムを導入するなど、エネルギー効率の向上を目指した設計を行ったとする。

最終更新:10/7(金) 10:22

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。