ここから本文です

JR東日本・東京メトロ・東急電鉄がアプリで連携 列車走行位置と時刻表の確認がスムーズに

ねとらぼ 10/7(金) 10:24配信

 JR東日本・東京メトロ・東急電鉄の3社は、提供しているスマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」「東京メトロアプリ」「東急線アプリ」の連携を開始し、3社共同プロモーションを行うことを発表しました。

【画像】車両広告デザイン

 連携する内容は「列車走行位置」と「時刻表」で、各アプリにリンクボタンを設けて他2社の情報を確認しやすくなります。連携のためにはそれぞれのアプリのダウンロードが必要になります。

 連携の対象路線は東京メトロ線全線と東急線全線に加え、山手線・京浜東北線など首都圏を中心にしたJR東日本の17路線。時刻表の対象駅は3社で44駅分。プロモーション内容として、主要駅を中心にポスターが掲出される他、JR東日本・山手線や東京メトロ・東西線などで広告がデザインされた車両が走行します。

最終更新:10/7(金) 10:24

ねとらぼ