ここから本文です

【グッドイヤー イーグルF1 アシメトリック3 試乗】応答性とブレーキ性能が向上、第3世代の高性能タイヤ

レスポンス 10/7(金) 13:30配信

グッドイヤーの『イーグルF1 アシメトリック2』は、国内における同社のハイパフォーマンスタイヤのフラッグシップ的な存在だ。しかし、欧州ではすでに第3世代となった「アシメトリック3」が、メルセデス『Eクラス』やジャガー『XF』のOEMタイヤとして採用されている。

[関連写真]

国内では2017年2月発売を予定しているとのことだが、その第3世代のタイヤの試乗機会を得たので、いち早くインプレッションをお届けしたい。試乗は、同社が8月に発売を開始したオールシーズンタイヤの試乗会と並行して行われたもので、パフォーマンスがどれくらい上がったのか比較できるように、第2世代と第3世代を装着したレクサス『IS250』が2台用意された。

コースは富士スピードウェイのショートサーキットを使ったもので、S字、ウェットコーナー、パイロンスラロームが設定された外周を周回するものだ。

イーグルF1 アシメトリックは、ハイパフォーマンス・ラグジュアリーを目指したタイヤであり、ピュアスポーツほど尖ったグリップ性能はないが、静粛性や応答性、ウェット性能などはグッドイヤーのラインナップの中では最上級クラスに位置する。第3世代では、レイヤーコードの剛性の見直し、新コンパウンドによる発熱抑止、グリップ力の改善、ブロック断面のレイヤ構造の最適化による耐摩耗性、ハンドリング、ブレーキ性能の向上などが図られているという。

まず、第2世代と第3世代の比較だが、その差はそれほど大きくないものの、違いは感じとることができる。コース設定の影響もあるだろうが、ステアリング操作に対する応答性が若干よくなっているのを感じた。スラロームでは、応答性に加えてグリップ力も上がっている。スラロームコースは直線の下り坂に設定されたのだが、そのため同じスピードで侵入しても後半スピードコントロールを意識しないとターンポイントが少しずつ奥になってしまう。第3世代は、グリップとステアリング応答性が向上しているため、逆にハンドル操作だけで普通にクリアできる。

ウェット路面でも第3世代のほうがコントロールがしやすくなっていた。若干オーバースピードでウェットコーナーに突っ込み、後半外に膨らみ気味にさせたときも、ステアリングの切り足しに対して、より素直に反応してくれる。切り足しをしなくても、軽くアクセルオフするか、ちょっとだけブレーキをかけてやれば、ウェットでも舵角はそのままですぐにグリップを回復してくれる。

ドライ、ウェットともにブレーキングの性能はかなり上がっているものと思われる。ウェットのコーナーでもそうだが、ドライでの急ブレーキも非常にコントロールしやすい。踏力に応じて減速Gが発生する感覚だ。

ステアリングの応答性は上がっているのだが、動きがクイックになるというより、グリップも上がっているため無理をしないで車が曲がってくれる感覚だ。そのため第3世代は性能が上がっているにもかかわらず、動きがよりマイルドになった感じがする。

《レスポンス 中尾真二》

最終更新:10/7(金) 13:30

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革