ここから本文です

<iPhone7>滑り出し好調も「前門の虎、後門の狼」

まんたんウェブ 10/8(土) 12:00配信

 アップルの新型スマートフォン「iPhone7」が9月16日、全国で発売された。電子マネーの決済に「FeliCa(フェリカ)」を採用して利便性を高めた“日本仕様”が話題だ。滑り出しは好調というが、政府に「実質ゼロ円」での販売が封じられた状況で、どこまで販売を伸ばせるかは不透明だ。(経済界) 

 ◇日本市場はアップル最大のお得意さま

 米アップルは9月7日(現時時間)、サンフランシスコで恒例の製品発表会を開き、iPhone7およびiPhone7プラスを発表した。任天堂の宮本茂代表取締役が登場し、スマートフォン向けで初のマリオゲーム「スーパーマリオラン」を発表するなどのサプライズはあったが、端末そのものは事前に報道された内容の域を出ず、前モデルの「6s」からはマイナーチェンジにとどまった。

 今年は、アップルが隔年で行ってきた大幅なモデルチェンジの年だが、iPhone発売10周年に当たる来年に先延ばししたとみられる。アップルは以前のような革新性を失っているとの見方もあり、株価は発表会の内容を受けて下落した。

 一方で、発売日の9月16日、日本ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が午前8時の発売直前にイベントを開き、iPhoneの拡販に向けて気勢を挙げた。端末の評価が必ずしも高くなかったのに、3社のトップはいずれも、予約状況が「過去最高」だと明らかにした。

 もともと、iPhoneの発売日にはアップルストアや携帯大手の店舗での徹夜の行列が名物だったように、予約購入が少なかったことも背景にある。これまでのiPhoneで最高でも、手放しに喜べないのは確かだ。ただ、前モデルの6sよりも好調なのは、日本仕様という魅力が一因となっているようだ。

 JR東日本の「Suica」などに使われているフェリカは、ソニーが開発し、日本では一般的に使われている。アップルは10月に決済サービス「アップルペイ」を始めるが、フェリカ搭載で日本での利便性が一気に高まりそうだ。また、入浴時、湯船につかってくつろぐことが多い日本人にとって需要が大きい防水機能も追加した。

1/3ページ

最終更新:10/8(土) 12:00

まんたんウェブ