ここから本文です

<Wコラム>韓国ドラマに見る身分上昇への熱意、あなたは本当に「韓国」を知っている? 

WoW!Korea 10/11(火) 17:45配信

●身分上昇への熱意
 話を元に戻しますが、韓国ドラマの特徴に「身分上昇」と「人間的成長」があります。この二つのキーワードは「変化」です。これらを実現するには制約の多い現代劇よりも、いくらでも想像力を働かせることができる歴史物のほうが好都合なのです。

 「身分上昇」は一方で「恨ハン」を意味します。今は貧しくこれといった物はないけれど機会が与えられたら俺だってドラマ「武神」の「奴隷から政権を取った武人(武神)キム・ジュンのように出世する」、もしくは「トンイ」のように「宮廷で雑用していた身分だったけれども王様に寵愛され王母に上り詰めたい」と願うのです。

 この「トンイ」や「武神」はさしずめ「チィクモンエド  ビョトゥルナル イッタ」を地で行く物語であり、実在の人物でもあります。

 不断に努力して、試練に押しひしがれることなく成長しなければ競争社会で生きていけない、というメッセージをドラマから受け取り、勇気づけられます。

*チィクモンエド  ビョトゥルナル イッタ :「(日の当たりようもない)「ネズミの穴」にも日が差すときが必ずある」と信じることのたとえ(後述)


文=権 鎔大(ゴン ヨンデ)
出典=『あなたは本当に「韓国」を知っている? 』(著者/権鎔大 発行/駿河台出版社)

最終更新:10/11(火) 17:45

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]