ここから本文です

TPP「今国会でやり遂げる」総理が強い意欲

エコノミックニュース 10/7(金) 15:30配信

 安倍晋三総理は7日開いたTPP関係閣僚会議でTPPを率先して推進し「早期発効に弾みをつけることは、自由貿易の下で経済発展を遂げた我が国の使命だと確信している。この国会で、やり遂げなければならない」と語り、TPP協定承認を今国会で遂行する考えをより鮮明にした。

 安倍総理は「今、世界の自由貿易システムは岐路に立っている。経済成長の恩恵が広く均霑(きんてん=等しく利益を受けることが)されていないのではないか」と提起し「こんな懸念が広がれば、自由貿易に対する支持が揺らいでしまう」とし「保護主義の芽を放っておいてはならない。各国が、国民の理解と支持を得て、自由貿易を推進することによって、食い止めなければならない」と強調した。

 安倍総理は日本の対応が世界から注目されているとしたうえで「この国会で、やり遂げなければならない」と決意を示した。

 安倍総理は「TPPの新たなルールは付加価値が正当に評価される。世界の4割経済圏を生み出す。農家や中小企業が大いに活躍できるようになる」などとした。安倍総理は「国会で丁寧に説明し、議論を尽くす。政府一体となって全力を尽くしていきたい」と関係閣僚に指示した。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:10/7(金) 15:30

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。