ここから本文です

朴大統領の支持率、就任後最低値の29%

WoW!Korea 10/7(金) 13:07配信

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の職務遂行支持率が30%台を下回り、就任後最低水準を記録したという世論調査結果が出た。

 世論調査専門会社「韓国ギャラップ」が7日発表した10月第1週の定例調査によると、朴大統領が大統領としての職務をしっかりと遂行していると見るのかを問う質問に29%が肯定的に評価した。また57%は否定的な評価で、14%は意見を留保した。

 朴大統領の職務肯定率29%は就任後最低値で、週間集計基準で5回目だ。韓国ギャラップによると年末調整問題が起きた2015年1月第4週目と2月第1週、MERS事態だった6月第3週、そして20代総選挙直後であることし4月第3週にも同様の数値を記録したことがある。

 調査によると朴大統領の支持率は先月9日、北朝鮮の5回目の核実験の影響で9月第2週33%を記録後、第4週31%、第5週30%と減少し続けていた中、今週は30%を下回り29%を記録した。

 このような支持率低下は先月、星州(ソンジュ)地域THAAD(高高度ミサイル防衛システム)配備による葛藤と、慶州(キョンジュ)地震などの影響に続き、チェ・スンシル疑惑やミル・Kスポーツ財団疑惑などが“否定的”な影響を与えたものとみられる。

最終更新:10/7(金) 13:07

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]