ここから本文です

「ジブリの立体建造物展」が熊本に上陸、ナウシカからマーニーまでの制作資料展示

映画ナタリー 10/7(金) 12:45配信

スタジオジブリ作品に登場する建造物をテーマとした展覧会「ジブリの立体建造物展」が、10月8日から2017年1月9日にかけて熊本・熊本市現代美術館で開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2014年から全国各地を巡回しているこのイベントは、1984年公開作「風の谷のナウシカ」から2014年公開作「思い出のマーニー」まで、各作品を彩ってきた建造物に焦点を当て、背景画や美術ボードといった制作資料を展示するもの。「となりのトトロ」のサツキとメイが暮らす草壁家や、「千と千尋の神隠し」の油屋など立体模型も並ぶ。

なお初日の10月8日には、イベント企画者などによる講演も行われる。詳細は熊本市現代美術館の公式サイトで確認してほしい。

ジブリの立体建造物展
2016年10月8日(土)~2017年1月9日(月・祝)熊本県 熊本市現代美術館
開館時間 10:00~20:00(最終入場19:30)
※火曜休館。ただし1月3日(火)は開館
※12月31日(土)、1月1日(日)は休館
料金:一般 1300円 / シニア 1000円 / 学生(高校生以上)800円
※中学生以下無料
※各種割引あり

最終更新:10/7(金) 12:45

映画ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革