ここから本文です

『しんけん!!』上限突破機能“抜身御供(ぬきみごくう)”が本日より実装!

ファミ通.com 10/7(金) 17:02配信

●真剣少女たちの真の能力を開眼せよ
 DMM.com POWERCHORD STUDIOは、サービス中のラインディフェンスゲーム『しんけん!!』において、本日2016年10月7日より、上限突破機能“抜身御供”を実装する。

 以下、リリースより。

----------

上限突破の秘儀『抜身御供』実装!
真剣少女たちの真の能力を開眼せよ

 DMM.com POWERCHORD STUDIOは、ラインディフェンスゲーム『しんけん!!』におきまして、2016年10月7日(金)より、上限突破機能『抜身御供』を実装致します。技を極めし真剣少女達の刀剣に、同質の魂を取り込ませることで能力の強化を行う秘儀「抜身御供」。行うことで敵に与える攻撃ダメージの上限や錬度上限も拡張され、真剣少女達の未知なる領域の力を引き出せるようになります。討伐時の能力向上だけでなく、真剣少女たちをより身近に感じられる好感度アップによる真剣少女の表情切り替えも可能に! 従来の最高等級・最上大業物を超える真剣少女たちの力を、ぜひご体感下さい。

■「抜身御供」概要
 真剣少女の上限突破システム「抜身御供」が新たに実装。

 技を極めし真剣少女達の刀剣に、同質の魂を取り込ませることで能力の強化を行う秘儀「抜身御供」。行うことで敵に与える攻撃ダメージの上限や錬度上限も拡張され、真剣少女達の未知なる領域とされてきた力を引き出すことが可能となります。

 錬度が上がれば上がるほど研磨にかかる時間や資源も削減され、討伐にもより参加しやすくなります。従来の真剣少女の最上位“最上大業物”を超える力で、迫り来る憑喪を一掃しましょう!

<抜身御供実施条件>
 「抜身御供」は、下記の条件を満たした場合、『奉納』ボタンより行うことができます。

・出鉄大社の最初の任務「天狗事変・その1」をクリアすること。
・抜身御供を行う真剣少女が『等級:最上大業物の段位10段、錬度:100』を満たしていること。(真剣少女・妖刀少女・妖刀鬼女いずれも、条件が満たされていれば「抜身御供」が可能です)
・「贄」として捧げられる、同種の真剣少女がいること。(捧げられた「贄」は失われてしまいますので、ご注意下さい。また、段位や錬度には関係ありませんが、等級が高いほど錬度上限の拡張が大きくなります。)

<能力の強化について>
 抜身御供を執行した真剣少女たちは、「錬度上限」が拡張されるほか、下記のような様々な能力が開眼します。

1)憑喪へのダメージの上限が緩和
2)刀の斬れ味が緩和
3)研磨にかかる時間や消費する資源が減少
4)奉納で上昇できる値が拡張(練度と同様)
5)属性の影響大、憑喪の属性(影の色)に対応することで攻防が有利に
6)真剣少女の好感度をさらに上げることで、屋敷画面での表情の切り替えが可能に

■能力強化
憑喪へのダメージの上限緩和で、奥義がより強力に!
 抜身御供を経た真剣少女は、真の奥義を開眼! 従来の奥義よりも相手に与えるダメージ上限が引き上げられていることによって攻撃力がパワーアップし、強敵だったボス憑喪も攻略しやすくなっています。

※攻撃効果意外への強化はありません


“属性”を味方につけ、攻防を有利に運ぼう!
 真剣少女・憑喪は、金・水・木・火・土の5属性のうち、いずれかの属性を持っています。抜身御供を経ることで、各々の属性の影響が拡大。憑喪の属性に応じ、有利な属性を持つ真剣少女を対峙させる事で、攻防を有利に進めることが可能です。属性は、出現時の影の色に対応しているほか、真剣少女は「布陣」時のアイコンやそれぞれの「詳細」画面でも確認することができます。5属性の関係を考慮し、討伐に生かしていきましょう!

【属性関係】
・金は、土に強く、水に弱い
・水は、金に強く、木に弱い
・木は、水に強く、火に弱い
・火は、木に強く、土に弱い
・土は、火に強く、金に弱い

■表情切り替えで真剣少女をもっと身近に!
 さらに、抜身御供を受けた真剣少女の好感度を上げていくと、屋敷画面での「表情の切り替え」が可能に! 好感度が一定に達することで、「詳細」画面の「表情」ボタンより、対象の真剣少女がリーダーとして屋敷画面に表示される際の表情を切り替えることができるようになります。笑顔はもちろん、照れた表情、微笑み、時には怒りの表情!? など、好みに合わせた表情で、お気に入りの真剣少女をより身近に感じられます!

最終更新:10/7(金) 17:02

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]