ここから本文です

西武鉄道レストラン列車「52席の至福」、新宿線でも運行 12月18日から

レスポンス 10/7(金) 17:10配信

西武鉄道は10月6日、観光列車「西武 旅するレストラン 52席の至福」の新宿線での運行を、12月から始めると発表した。これに伴い、初日の12月18日ブランチコースは「『52席の至福』で行く!着物で優雅なブランチ&川越散歩」と題したプランで運行される。

[関連写真]

発表によると、「着物で優雅なブランチ&川越散歩」は、「52席の至福」で本川越駅を出発。新宿線内を周遊して本川越駅に戻る。出発前、川越市内の着物店で参加者が好きな着物を選び、「52席の至福」に乗車する。全体の行程は10時から16時15分頃までで、このうち「52席」の乗車時刻は本川越11時59分発~本川越14時06分着になる。

旅行代金は1万2800円。「52席の至福」の運賃や車内でのコース料理のほか、着物レンタル代などが含まれる。申込みは10月11日14時から、西武鉄道「52席の至福」ウェブサイトで受け付ける。

このほか、12月23~25日の3日間、「『52席の至福』クリスマストレイン」を運行。運行時刻はブランチコースが西武新宿10時47分発~本川越14時05分着、ディナーコースが本川越16時45分発~西武新宿20時04分着になる。2017年1月2・3日も「優雅な車内で味わうおせち料理&川越初詣の旅」と題し、西武新宿9時42分発~本川越11時14分着、本川越13時15分発~西武新宿14時49分着の時刻で運行される予定だ。

「52席の至福」は、4000系電車4両編成1本(4009編成)を改造した、座席定員52人の観光列車。1号車に多目的スペース、2・4号車にオープンダイニング席、3号車に厨房を設けており、車内でブランチやディナーを楽しめるようにしている。今年4月から池袋線・西武秩父線の池袋~西武秩父間で運行を開始した。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:10/7(金) 17:10

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]