ここから本文です

ピコ太郎「PPAP」など4曲を世界134カ国で配信リリース、目標は紅白

音楽ナタリー 10/7(金) 13:18配信

YouTubeの再生回数が2500万回を突破した音楽動画「PPAP」で注目を集めるピコ太郎。この「PPAP」を含む彼の楽曲4曲が本日10月7日に世界134カ国で配信リリースされた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

正体不明とされるピコ太郎は、お笑い芸人・古坂大魔王がプロデュースする千葉県出身のシンガーソングライター。彼が歌う「PPAP」は口コミで国内外に広まり、ジャスティン・ビーバーが自身のTwitterにて「お気に入りの動画」と紹介したことで爆発的に拡散された。

このブームを目の当たりにしたピコ太郎は「ピコ太郎ブーム、驚いております。あまりにもびっくりして右肘がぽきっとなりました、それくらい驚いています。ジャスティン・ビーバー師匠がTwitterで呟いてから、2000万回再生突破しました。この2000万が例えば虫だったら、それは相当口に入ってくるでしょう。そんなレベルでございます」とコメント。さらに楽曲について「テーマとしては地球温暖化、絶滅生物の保護、あとはキスしたいなとか、髪切りたいなとか、色んな気持ちが入った歌でございます。曲はヘッドフォンをして、いい音で聴いてくれると嬉しいです」と語っている。

ピコ太郎 コメント
年末に向けて、できれば紅白も出たいですね。紫組とかも作ってもらってね、いやヒョウ組とかでもいいので、紅白に出たいです。紅白でも、サマソニでも、マディソンスクエアガーデンでもライブをしたいです。ピコ太郎、この年末頑張りますので、応援してください。今後ともピコ太郎をよろしくお願いいたします。

ピコ太郎 配信曲
・ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)
・ロミータ・ハシミコフ
・ピコ太郎のテーマ
・KASHITE KUDASAIYO

最終更新:10/7(金) 13:18

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]