ここから本文です

広島、ドラフト1位は投手で確認 創価大・田中、履正社・寺島もリスト入り

デイリースポーツ 10/7(金) 12:22配信

 広島が7日、広島市内の球団事務所でスカウト会議を開いた。20日のドラフト会議を前に指名候補選手を71人、1位指名候補を投手13人に絞った。

【写真】有力候補 履正社・寺島は国体で2回0封締め

 1位指名候補13人は全て投手。大学生から156キロ右腕の創価大・田中正義投手、桜美林大・佐々木千隼投手、慶大・加藤拓也投手、明大・柳裕也投手。社会人で地元、瀬戸内高出身の東京ガス・山岡泰輔投手や、高校生から履正社・寺島成輝投手、横浜・藤平尚真投手、作新学院・今井達也らがリストに入る。

 苑田スカウト部長は「今日は志望届を確認して、その一覧の表を作った。1位指名については(ドラフト)前日に結論を出すことになります」と説明。直前まで各選手の状態をチェックして、最終決定を下すことになる。次回はドラフト前日19日に最終会議を開く。

最終更新:10/7(金) 12:37

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]