ここから本文です

Softly、新MVは10代の監督&役者と作り上げた"青春恋愛"ストーリー

音楽ナタリー 10/7(金) 14:10配信

Softlyの楽曲「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」のミュージックビデオ「あかりとまさき 告白編」がYouTubeで公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この曲はSoftlyが9月にリリースしたメジャー1stアルバム「言えなかったこと。言いたいこと。」のリードトラック。MVは女優や映画監督として活躍する19歳の松本花奈が監督を務め、主人公のあかり役を15歳の女優・山田杏奈、彼女が思いを寄せるまさき役を16歳の濱田龍臣が演じている。映像では片思い中の女の子の青春や恋心を描いたストーリーが展開される。

なお今回公開されたMVは動画投稿アプリのMix channelと連動しており、劇中で主人公が眺めている動画にはMix Channelで人気を博しているユーザー・ナカ 嶋が登場。またMVの最後に流れるあかりとまさきの動画はSoftlyのメンバーであるHARUKAが制作したもので、実際にMix Channelで視聴することができる。

Softly コメント
山田さん、濱田さんのお2人ともすごく素敵で同世代で私たちも見ててがんばろうって思えます。
同世代の方に監督してもらえるなんて、私たちにとってすごいことで尊敬します。勇気ややる気をすごくいただきました。
10代ならではの感じるところや、個性を前に出す年頃なのかなと思っていて、それぞれの個性がマッチしていい作品になったら感動します。

松本花奈 コメント
Softlyさんの曲って、まっすぐでストレートな歌詞や曲ですが特に今回もキュンキュンする感じにしたいと思いました。
転んだりするシーンが多くて撮るのが大変でしたけど最終的にはいい感じでした。
Softlyの曲は恋している人にはぜひ聞いてほしい曲ですね。

山田杏奈 コメント
朝から天候がよくなく雨も降ってましたが、水たまりのところで転んだり汚れるシーンは、普段あまり制服を汚すことがないので逆に楽しかったです。

濱田龍臣 コメント
今回は"かっこいい系"の役で恋愛ものだったので、あまり演じたことがなくすごく面白かったです。学ランを無言で貸してあげるとか「すごい役だな~」と思いながらやってました。最後のキュンキュンするシーンは「自分もこうなったらいいな」と思いながら演じてました。Softlyの曲はゆっくりなテンポで歌詞もすごく入ってきますし、まっすぐで思いが伝わってきます。

Softly「言えなかったこと。言いたいこと。」収録内容
CD
01. 恋心よあたしにきっと幸あれ
02. キミがいい
03. あなたのことを想って指先でなぞる文字は
04. 花言葉
05. up to you
06. 海の声
07. CRUSH
08. 会えない日々が私を強くする

初回限定盤付属DVD
・Maybe~どうでもいいの~
・あなたの隣で
・その笑顔を見ていたくて
・キミがいい
・Fly
・ふたり
※「Softlyワンマンライブ キミがいい ~Hello my friend~」北海道・Sound Lab mole公演の模様を収録。

最終更新:10/7(金) 14:10

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]