ここから本文です

八代亜紀、モンゴル歌謡カバー&大草原で熱唱

音楽ナタリー 10/7(金) 14:24配信

八代亜紀が10月19日にニューシングル「JAMAAS 真実はふたつ」をリリースする。

【この記事の関連画像をもっと見る】

表題曲はモンゴル民主化運動で名を馳せ、現在はアーティスト活動をしているドグミド・ソソルバラムが歌ったモンゴルの国民的な歌謡曲「JAMAAS」のカバー。八代は“真理”という意味を持つ原曲の世界観をベースに、1人の女性の生涯を通じて描かれた真実や人生観などを日本語詞で歌っている。日本コロムビアのオフィシャルサイトでは、今作にまつわる八代のメッセージ動画を公開中。

なお八代は5月にモンゴル国文化大使に任命されており、7月にはモンゴル・ウランバートルにあるモンゴル国立オペラ バレー劇場で開催された「日本モンゴル文化交流コンサート」に出演し、8月にはモンゴルの大草原でコンサートを実施。ヒツジやヤギに招待状を送り、現地のホーミー歌手や馬頭琴奏者とのコラボレーションを行ったという。この模様は本日10月7日(金)20:00からBS日テレ「熱唱!八代亜紀 草原に輝く日本の歌inモンゴル」でオンエアされる。

八代亜紀「JAMAAS 真実はふたつ」収録曲
01. JAMAAS(ジャマース)真実はふたつ
02. みんな、こどもだった
03. オリジナルカラオケ収録予定

BS日テレ「熱唱!八代亜紀 草原に輝く日本の歌inモンゴル」
2016年10月7日(金)20:00~22:00

最終更新:10/7(金) 14:24

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]