ここから本文です

新垣隆、交響曲「連祷」を世界配信「自分が世界に対して大きな責任を背負うこと」

音楽ナタリー 10/7(金) 14:33配信

新垣隆の新作CD「交響曲《連祷(れんとう)》-Litany-」が、11月16日にリリースされる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

表題曲「交響曲《連祷(れんとう)》-Litany-」は、8月に広島・広島・広島国際会議場 フェニックスホールで行われた東広島交響楽団の演奏会で初披露された楽曲。CDにはこの曲のほか、「ピアノ協奏曲《新生》」「流るる翠碧」が収録される。YouTubeでは今作の紹介映像が公開されており、自ら指揮棒を振る新垣の姿を観ることができる。

なお今作はイギリスのレコード会社・Decca Recordsより世界配信されることも決定している。この配信について新垣は「Deccaは『クラシック音楽』の代名詞であり、その数々の名盤から音楽を識り、『世界』を識ったのだった。そのDeccaから私の音楽が配信されるということは、はかりしれぬ喜びと同時に、自分が世界に対して大きな責任を背負うことでもあるだろう」とコメントしている。このほか新垣のオフィシャルサイトでは槇原敬之、黒柳徹子、ビートたけしといった面々からの推薦コメントが掲載されている。

新垣隆「交響曲《連祷(れんとう)》-Litany-」収録曲
・交響曲《連祷(れんとう)》-Litany-
・ピアノ協奏曲《新生》
・流るる翠碧

最終更新:10/7(金) 14:33

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]