ここから本文です

AK-69新アルバムはUVERworld、清木場俊介、般若ら参加の会心作

音楽ナタリー 10/7(金) 14:54配信

AK-69が11月23日にニューアルバム「DAWN」をリリースすることが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「DAWN」は前作「THE THRONE」から約1年8カ月ぶりとなる新作アルバム。今作にはゲストとして、UVERworld、清木場俊介、般若、2WIN、CITY-ACE、HIDE春といったアーティストが参加。ゲストについてAK-69は「初共演のゲストも多いけど、今回参加してもらったみんなは本当に心の通った、人間的に共鳴し合えるメンバー。すばらしいコラボになっているので、楽しみにしていてほしいです」とコメントしている。

また収録曲はMBS・TBS系ドラマ「拝啓、民泊様。」の挿入歌に決定した新曲「Baby」や、体操の内村航平選手が試合前に聴いている曲であると話題になった「Flying B」、不器用な男の心情を描いたラブソング「With You ~10年、20年経っても~」、王道ヒップホップトラック「KINGPIN」を含む13曲を予定しており、このうち「Baby」はAK-69にとって初のタイアップソングとなっている。初回限定盤にはミュージックビデオやライブ映像などを収めたDVDが付属する。

なお今作はヒップホップレーベル・Def Jam Recordingsとの契約および自身が代表を務める事務所・Flying B Entertainmentを設立してから初めて発表されるアルバムとなっており、AK-69は「はっきり言って会心の出来です」と自信をみなぎらせている。

最終更新:10/7(金) 14:54

音楽ナタリー