ここから本文です

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告

ITmedia エンタープライズ 10/7(金) 14:08配信

 米Adobe Systemsは、Adobe AcrobatとReaderの深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデートを米国時間の10月11日に公開すると予告した。

 Adobeのセキュリティ情報によると、脆弱性が存在するのは連続トラックのAcrobat DC/Acrobat Reader DC 15.017.20053までのバージョンと、クラシックトラックの15.006.30201までのバージョン、およびデスクトップ向けAcrobat XI/Reader XI 11.0.17までの各バージョン。いずれもWindowsとMac版の両方が影響を受ける。

 優先度は「2」に分類され、30日以内をメドにアップデートの適用が推奨される。

 また、事前予告の対象にはならないものの、Flash Playerなどの脆弱性に対処するアップデートが同時に公開される可能性もある。

 米国時間の10月11日(日本時間12日)には米MicrosoftもWindowsの月例セキュリティ情報を公開する見通し。

最終更新:10/7(金) 14:08

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。